良い税理士を見つける方法

良い税理士を見つける方法

良い税理士とか悪い税理士とかの判断は、多くは顧客つまり利用者にとっての主観です。税理士の費用が安くて、税金を安くしてくれる税理士が一般的には良い税理士になるのでしょうが、払うべき税金は支払わなくてはなりません。

 

 

 

適切に処理すれば払わなくてもいい税金は支払わなくてもいいのですが、払うべき税金まで誤魔化していると、むしろ後が厄介です。何年かたってから、問題が発覚すれば、結局お金は取られます。又税金は利益、所得に比例します。経理上の問題点やルールなども懇切丁寧に教えてくれる税理士は会社としての利益の向上に繋がる事もあります。

 

 

 

大規模な税理士事務所では、担当税理士も一定しない事があります。顧客も大企業ですから、決算書類などの経理処理はルールに沿って処理されています、こうした書類作成指導も必要ではなく、税理士と言っても、ポイントだけの判断基準などを教える程度の相談ですので、良い税理士と言えるかどうかは判りません。このようなケースでは、結局このような関係は、会社同士の繋がりと云うべきです。良い税理士と言えるのは、利用者と税理士がマンツーマンで繋がっているケースの事を指していると思います。

 

 

 

人と人との関係ですから、やはり相性もあります。良い税理士を見つける方法は、良い人を探す方法と同じです。人間関係がベースですから、信頼できる人を探してみるしか方法はないと思います。他人の評価を鵜呑みにする事なく、自分自身が信頼できる税理士かどうかを判断するしかないと思います。