サラリーマンと所得税

源泉徴収票の重要性

サラリーマンにとって一年間の収入を確かめることができるのが「源泉徴収票」になります。
これは12月か翌年の1月の給料日に一般的には受け取ることになっています。
しかしそもそもこの源泉徴収とはいったい何なのでしょうか。少しここでおさらいしてみることにしましょう。

 

所得税は個人の所得に関してかかる税金でサラリーマンもその例外ではありません。
しかし給料などの給与所得になるとその支払い時に会社が代わりに納税をしてくれるのです。
それが源泉徴収と言われています。そしてその帳尻を合わせるのが年末に行う「年末調整」です。

 

ほとんどの人はこの年末調整を行うことで、確定申告の面倒な手続きから解放されるわけです。
源泉徴収票には本当に色々な情報が載せられています。
もちろん会社の支払ったあなたへの報酬とか、所得税の額、支払いをした社会保険料などの金額です。

 

サラリーマンにとって所得証明になるものなので大切に保管しておくことを意識してください。
これは例えば医療費の控除を申請する時や住宅ローン控除にも利用することができるのです。
「きっと大丈夫」などと過信して開けずにそのまま保管しないようにしてください。

 

控除の漏れなどがないか自分でしっかりと確認することが重要なのです。
例えばよくあるのは会社側は年末調整で生命保険料控除をしていなかったなんてことです。
こんな時には確定申告をすることできちんと払いすぎてしまった税金も戻ってくるのです。
ですから毎年受け取った時にはしっかりとチェックしてみてください。