年末調整の意味

年末調整の意味

サラリーマンの人は、年末になると、年末調整という言葉をよく聞くかと思われます。この年末調整というのははたして、どのような意味があるのでしょうか?

 

 

 

年末調整というのは、個人の決算を意味する作業ということができるかもしれません。1年の終わりに、その人がいくらの所得を稼いだのか、控除はどれくらいになるのかということを、今一度、確認をします。そうすることで、それぞれが支払うべき税額を確定していくわけです。

 

 

 

所得税については、源泉徴収という形で、すでに支払っているのではないか、と思われる人もいるかもしれません。しかし、源泉徴収というのは、一種の仮払いにすぎません。

 

 

 

簡単な計算で税額を決めていますから、個々のどのような控除が適用されてというところまでは、しっかりとケアされていない可能性が高いのです。

 

 

 

そこで年末調整を行うことで、仮払いの源泉徴収分に、よけいな税金の支払いはなかったかどうか、精算をする必要があるわけです。