源泉徴収税額について

源泉徴収税額について

サラリーマンは、給料によって、収入を得ています。この時、源泉徴収が行われて、必要な税金などがあらかじめ差し引かれています。源泉徴収税額は、支給方法によって、少し変わってきます。

 

 

 

もし月給による支給方法をとっている場合には、源泉徴収税額表の月額表があるので、それをベースにして税額が決定されます。週給や日給の場合には、源泉徴収税額表の中に日額表がありますので、それをベースにして、税額を決定します。

 

 

 

そして社会保険料等控除後の給料の額ともし扶養家族がいる場合には、その数に応じて、最終的な税額を決めていくことになります。

 

 

 

サラリーマンの中には、なかなかいないかと思われますが、中には日雇いで働いている人もいるかもしれません。この場合には、日雇い賃金というもので、給料や報酬を受け取ることになるかと思われます。

 

貸し画廊をお探しなら→http://www.essam.co.jp/hall/kaijo/room/gallery.html

 

 

 

このときには、税額徴収税額表の中に日額表丙欄というものがあります。そこに記載されている条件を元にして、税額を確定させます。