電話で相談

電話で相談

確定申告について何か質問がある場合は、まず所轄の税務署に電話をかけることから始まります。それぞれの相談毎に、音声ガイドラインに従って数字を選択すると、それぞれの相談内容毎にオペレータ、税理士、職員がお問い合わせに応じます。

 

 

 

それぞれ確定申告電話相談センター、そして電話センター、諸各tの税務署などに繋がりますが、そこで詳しい話をしてみて、税金に関しての疑問点やどのように税金を申告したらいいのかなどを聞くといいでしょう。

 

 

 

書面を読むより、電話で聞いた方が早い場合もありますし、手引きを読んでも内容がいまいち分からないことだってあります。そしてこの電話相談は、大都市圏では、英語など他の言語でも説明してくれる窓口がありますので、もし日本語があまり得意ではない、外国人の方はそちらに連絡してみると、より良い答えが得られるかもしれません。

 

 

 

殆どのことは確定申告の手引きや作成コーナーで説明されていますから複雑なケース以外は問題ないと思います。確定申告の時期には非常に電話相談の件数も増えてなかなか繋がらないこともあります。

 

 

 

早めに相談をしてしまって、締め切りあたりにはややのんびりとした気分で迎えたいですね。もちろんそう思いつつ、常にギリギリに申告する人が多いのが現実ですし、また締め切り直前に駆け込み電話が多いのが普通ですが。

 

 

 

申告期限が迫ると電話も増えて、繋がりにくくなることもありますから、くれぐれも疑問点は早めに解決しましょう。