税制改正

税制改正

毎年確定申告の時期になると毎年の税制改正、またはその年度だけの特例などを確認する必要があります。税金の改正といっても普段はその税金の仕事に深くかかわっている税理士さんとか、生活にかかわってくる部分しか興味を持たないことがほとんどです。

 

 

 

でもこの生活にかかわってくること、つまり納税の義務を果たすために、毎年年明けからこの申告書を作成して還付金を受けたり、また支払っていない税金を納める訳なのです。提出期限の寸前になって申告書を焦って提出するよりは、できればはやめに今年ならではの特例や、税制で変わったところをチェックしておくことで、より自分に有利な申告書を作成することができるのです。

 

 

 

平成23年度ではとくに、東日本大震災への考慮や、それに対する寄付金、特別障害者への考慮などが前年度との大きな違いですが、細かくみていくとより有利になった人、そして扶養控除の変化など、16歳未満の子供、また19歳以上23歳未満の子供を抱える人にとっては必ずしもいいことばかりではなさそうです。

 

 

 

最初に手引きなどをよく読んで、自分に関係あるところは税制改正をしていないかみておきます。そうするとあとは必要書類などが揃ったところですぐに申告書類の作成に取りかかることができるのです。

 

 

 

財産の贈与や株式の譲渡に関することも微妙に変わってきていますので、毎年この財政改正で一喜一憂する場合もありますね。これからさらに相続税、消費税などの税制改正がある可能性がありますから要チェックです。