給与所得控除とは

給与所得控除とは

サラリーマンの稼ぎは税金の観点で考えると「給与所得」になります。
給与所得というのは棒給、給料、賞与などの総称で勤務先から受け取り稼ぐ全般のことを差しています。
しかしここで一つの大きな誤解が存在します。それは給与所得がサラリーマンのいわゆる年収には合致しないのです。

 

例えば個人事業主に関して考えてみましょう。彼らがいくら売り上げを上げてもその過程で色んな必要経費が生じます。
つまり個人事業主の所得というのは売上から必要経費を引いたものです。
同様にサラリーマンの場合、年収から「給与所得控除額」を引くとそれが自分のリアルな年収になるのです。

 

でも個人事業主だったら必要経費はすぐに分かるかもしれませんが、サラリーマンの給与所得控除額はどのように計算されるのでしょうか。
実はこれは「年収」に応じて所得税法であらかじめ決められているものなのです。
つまりこの時に職種とか勤務形態は一切考慮されていません。

 

こうした点を理解するともし年の途中で退職した時には注意が必要です。
つまり年収に応じた給与所得控除なので年の途中では所得の計算ができません。
きっとその額が空欄のまま源泉徴収票を渡されることになるのです。

 

ですから自分で確定申告をし、次の会社の経理の人にしっかりと処理をしてもらうことがとても重要になります。
ぜひこのようなことは知らないと結構損をすることも多いのでしっかりと自分でも調べる癖付けをしてみるのはいかがでしょうか。
ネットなどでもかなりの情報を身に着けることができます。