老後のためにできる節約術

老後のためにできる節約術

 人生を安心して豊かな気持ちで暮らしていくには、健康とともにお金が大切な要素となります。親が資産家でお金に苦労しないというなら別ですが、大方の人は生活のために仕事を持ち、お金を得ていかなければなりません。一生懸命働いて得たお金は大切であり無駄使いは許されません。

 

 

 

時にはリフレッシュするために娯楽・遊興に使うこともありますが、計画性を持って行うということを忘れないことです。その時の気分で浪費すると、知らず知らずの内にお金は出ていってしまい、気が付いた時には手元にお金が残っていないということになります。稼いで得たお金を無駄に使うことのないように、日頃から注意するということが節約の第一歩です。

 

 

 

 人は社会人となり家庭を持つ事になります。やがて子供に恵まれ、子育てに追われることになります。教育費を含めた養育費は膨らむばかりですが、収入の一定額は何があっても預貯金に回し手を付けない、ということを肝に銘ずべきです。

 

 

 

使えるお金はすべて使うというのもいけません。浮いたお金は貯金通帳へ、小銭は貯金箱へを忘れないことです。貯金については税制で有利な預金方法もあります。まずは蓄えということを念頭に置いておきたいものです

 

 

 

 子育てが一段落して老後を考えるというのも問題です。子育てが一段落する頃には収入が減っている可能性や、収入の手段さえなくなっていることも想定しておかなければなりません。家庭を持った時から老後のことも考え、節約を忘れないことが地味なやり方ですが、功を奏すことになります。