退職金と税金

退職金と税金

サラリーマンの中には、勤めている会社によって、そこをやめることになった場合に退職金が支払われることもあるかもしれません。この退職金も、所得の一種ということになります。税務の世界では、退職所得といいますが、税金の対象になることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

ただし退職金のすべてに対して、税金がかかるわけではありません。退職所得は、以下のような計算のもとで、算出をしていくことになります。

 

 

 

まずは実際に受け取った退職金があります。そこから、退職所得控除というものが差し引かれることになります。退職所得控除は、勤続年数によって、計算方法が変わります。

 

 

 

20年以下の勤続年数の場合、勤続年数に40万円をかけた額となります。もし20年を超える勤続年数がある場合には、70万円に勤続年数から20万円を引いた額に800万円を加えた値が控除額となります。

 

 

 

もし80万円に満たない場合でも、控除額として80万円は保障されます。退職金から差し引いた額を半分にしたものが、退職所得になります。

 

 

 

離婚したいけど離婚できないというお悩みをお持ちの方は別れさせ屋に相談してみましょう。