確定申告の種類について

確定申告の種類について

サラリーマンであってもいろいろなケースで、確定申告を行わないといけないケースもあります。ところで、確定申告をするときですが、いくつかの様式があります。個々のケースによって、提出すべき確定申告の書類に様式が異なります。ですから、注意をしておかないといけません。

 

 

 

もし年末調整によって、確定申告をする場合、しかもほかに申告すべき収入もなく、還付を受けるのであれば、A様式という書類に記入をして、税務署に申告をしないといけません。

 

 

 

もし不動産譲渡による所得や副業による副収入があって、その分の申告をするために確定申告をする場合には、B様式というものがあります。ここに必要事項を記入するようにしましょう。また加えて、分離課税用別表という書類もありますので、こちらにも必要事項を記入してください。

 

 

 

中には、いずれのケースにも当てはまらないけれども、確定申告をしないといけないというケースもあるかもしれません。その場合には、B様式のみを提出することになります。

 

 

 

 

 

別れさせ屋の別れさせるための恋愛感情操作とは?