確定申告と住民税

確定申告と住民税

確定申告とは、一年間の収入を税務署に申告し、課税される額を決定するものです。
この課税額とは、所得税の額のことです。

 

一般的によく知られている確定申告とは、所得税に関する申告なのですね。
では住民税の申告はどうするのかというと、基本的には必要ありません。
所得税の申告をすれば、そのデータが各市町村に回るようになっているので、各市町村がそれを元にして税額の計算をします。

 

 

 

ですから、所得税の申告をしたら、改めて住民税の申告をする必要はないのです。
また、給与所得しかない方などは、会社で年末調整がありますので所得税の申告もいりません。
しかし、住民税の確定申告をしなくてはいけないパターンも存在します。

 

 

 

収入が全く無かった場合や、所得税がかからない額の収入しかなかった場合は、
所得税の申告は必要ありません。
しかしどこにも申告していないと、税務署も市町村もその人の収入の情報がないので、
国民健康保険料などの算定ができないのです。
国民健康保険は所得を基準に保険料を決定しているからです。

 

 

 

そこで、一年間収入が全く無くても、少ししか収入が無くても、
市町村の役場で住民税の確定申告が必要になります。
手続き的には、収入を証明するものがあればそれと印鑑を持って役場に行って申告書に記入します。
収入がゼロなら、印鑑だけ持って役場に行き、収入ゼロと記入すれば大丈夫です。
あと、所得税はゼロだけど住民税はかかるという人もいます。

 

 

 

税額控除の額が、所得税の方が大きいためです。
この場合に、プラスして医療費控除などが受けられそうなら役場で申告すると良いでしょう。