所得税のこと

所得税のこと

税金のことを意識し始めるのはどのくらいからでしょうか。ほとんどの人が高校生などになってアルバイトをして所得税などを引かれたときに初めて気がつく感じではないでしょうか。自分なりに時給を計算していたのに、なんだか予定額以下でがっかりしてしまうこともありますね。

 

 

 

この所得税ですが、所得の金額によって税率が決められており、雇用社側が毎月の給料から年収を予想し、月割りで所得税を納税するのですが、それは予想額ですので、当然年末に1月から12月までの実際の額とはずれがでてくるのが普通です。

 

 

 

そのずれを訂正するのが年末調整ですが、それを会社の方でしない場合、給与の支払いが2カ所などからある場合、規定年収以上の人などは自分で確定申告する必要があります。基本的に所得税が課税されるのは、195万円以下が5パーセント、195万から330万以下は10パーセントで控除額が97,500円、そして330万から695万以下が20パーセント、控除額が427,500円、695万から900万以下が23パーセント、控除額が636,000円で、900万から1800万以下は33パーセント、1,536,000円が控除額です。

 

 

 

そして最後に1800万円を超えると40パーセント、2,796,000円が控除額になります。課税される総所得金額から簡単に求めることができるし、しかも基本的な控除額のほかに様々な控除を受けることができ、この計算方法より実際はずっと負担税額を少なくすることができます。

 

 

 

こうした所得税の仕組みを知ることは、将来的にも非常にメリットがあることですから積極的に調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

普段数字の計算は苦手でも、お金のことになると割に勉強してみようと思うようになるはずです。