サラリーマンと所得税

出産

出産して子供が産まれたときこそ、節税のチャンス!妊娠・出産は病気ではないので健康保険の適用も例外(切迫早産でぼ入院や帝王切開など)を除いてありません。

 

 

 

分娩費などその出費は非常に多くなりますが、『出産育児一時金』の支給や、医療費控除の対象となり確定申告で還付対象になります。

 

 

 

出産を予定している年には、他の医療費関連の領収書をすべて保管しておけば、年末に医療費控除の適用を受けることができるということです。

 

新しく介護 フランチャイズするならお勧め

 

もしご自身や配偶者が妊娠したとわかったら、医療費の領収書(レシート)を失くさずとっておくようにしましょう。

 

 

 

もちろん普段から医療費の領収書は大事に残しておくようにしておくといいですよね。