サラリーマンと所得税

収入と所得

収入と所得をはっきりと区別して把握しておかないと確定申告などで損することがあります。収入とは年間に得た総額です。

 

 

 

会社勤めの場合は給料やボーナス、自営業者ならば年間の売上高が収入です。また、株式などの配当や預貯金の利子、不動産などの売却(譲渡)代金、満期保険金、退職一時金も収入です。

 

 

 

それぞれの収入を得るためには、それ相当の経費がかかります。不動産を売却した場合も購入した際に発生した費用があります。こうした収入を得るためにかかった費用を必要経費といいます。

 

 

 

所得税は収入から必要経費を差し引いたものにかけています。この収入から必要経費を引いた差額を所得といいます。

 

渋谷 税理士

 

もし、所得税を収入そのものにかけたら税金のかけすぎになり、収入を得ても暮らしを圧迫してしまいますよね。SOHOスタイルで働く主婦の皆さんには損をしないよう、ぜひ知っておいていただきたいですね。