サラリーマンと確定申告

サラリーマンと確定申告

サラリーマンの場合、通常は会社の方で、税処理を行ってくれています。ですから2月から3月にかけて行われる確定申告については、行う義務はありません。

 

 

 

しかし以下のケースについては、サラリーマンで、給与所得をもらっているとしても、確定申告をしないといけませんので、注意しましょう。
まずは、給与所得が年間2000万円を超える場合には、確定申告をしないといけません。

 

 

 

また最近では、副業をしている人も多いと聞きます。もし副収入があって、その収入が年間で20万円を超える場合には、確定申告をして、副収入に対する税額を確定させないといけなくなります。

 

 

 

またサラリーマンの中には、Aという会社で取締役をしていて、Bという会社でも監査役をしているというケースもあるかもしれません。このように2か所から給料をもらっている場合にも、確定申告をする必要があります。

 

 

 

また同族会社の役員として名を連ねている場合にも、貸付金利息や賃貸料などをもらっている場合については、確定申告をしないといけません。